ハットルグリムス教会

アイスランドでもっとも高い建物

キリスト教の教会はヨーロッパを中心に世界各国にあります。
それぞれ特徴を持った建物が多いです。アイスランドの首都レイキャビクにも、特徴的な外観の教会があります。

ルター派のハットルグリムス教会です。
アイスランドはオーロラが観測される地域としても有名で、他国から観光に来る人もいます。そのオーロラと並んでハットルグリムス教会も観光客に人気です。

アイスランドの建物の中ではもっとも高い建物で、74メートルあります。場所もレイキャビクのちょうど真ん中辺りにあるので、かなり目立ちます。
ハットルグリムス教会は、レイキャビクの街のランドマークのような位置づけの建物と言っていいでしょう。

ハットルグリムス教会の建物は、着工から完成まで40年以上かかったことでも有名です。

地下聖堂は比較的早い時期に完成し、身廊は最後の方に作られました。完成したのは1986年のことです。
表現主義建築の代表的な建物でもあります。2008年から2009年にかけては改修も行われました。

 

大きなパイプオルガンが置かれている

ハットルグリムス教会は、外から見るとゲームにでも出て来そうな神秘的な形をしています。
内部はどのようになっているのか気になる人も多いでしょう。

アイスランドに観光に行く機会があれば、是非ハットルグリムス教会の内部を見ておきたいものです。
基本的に誰でも入館できるようになっていて、特に入館料などもかかりません。

ハットルグリムス教会の中には非常に大きなパイプオルガンが置いてあります。
夏場にコンサートが開かれるため、観光に行くならコンサートの開催時期に合わせて行くといいでしょう。アイスランドという国は、その名称から非常に寒そうなイメージを抱いている人が多いですが、南部の地域や首都レイキャビクの付近はそれほど寒くありません。

特に夏場は平均気温は14度前後で、過ごしやすいと言えるでしょう。冬場も気温は日本とそう大きく変わりません。

また、最上階まで行くには有料のエレベーターを使います。展望台があって、レイキャビクの街並みを一望することができます。