恋愛の理論を学ぶ

恋愛を成功させる理論がある?

大人なら誰しも一度は頭を悩ませたことがある「恋愛」。相手のことを思ってドキドキしたり、ハラハラしたり、笑ったり泣いたり…。

「恋は盲目」などという言葉もありますが、恋愛をすると自分がよくわからなくなってしまうという人もいるのではないでしょうか?

そんな、誰しもを悩ませる「恋愛」も、実はいろいろな法則や理論があるようです。

恋愛の理論を知ることで、これまで解決できなかった恋愛の悩みがスルッと解決できてしまうようなこともあるかもしれません。

 

いろいろな恋愛理論

最近注目を集めているコミュニケーションスクールや恋愛学校といった場所では、こうした「恋愛の理論」について学ぶことができます。

また『夢をかなえるゾウ』などで有名な作家、水野敬也さんの著書に『LOVE理論』と呼ばれる本もあります。

『LOVE理論』は、基本男性目線で書かれた恋愛マニュアルと言われますが、女性から見てもためになる恋愛マニュアルとも評価されています。

恋愛学校や恋愛マニュアルなどで紹介される恋愛理論には、さまざまなものがありますが、たとえば昔から言われている恋愛テクニックに「吊り橋効果」があります。

「吊り橋効果」とは、吊り橋を渡る時などに感じるドキドキとした感情を人は恋愛感情と勘違いしてしまう場合がある、というもの。

意中の相手を振り向かせたいのであれば、なるべくその相手とドキドキするようなシチュエーションを体験すれば良いということになります。

とはいえ、片思いの場合などは、ドキドキするようなシチュエーションに相手を誘うことがまず難しいですよね。恋愛下手な人であればあるほど、吊り橋効果を意図的に使うのは難しいような気がします。

恋愛下手な人でも簡単に実践できそうな恋愛理論としては「好意の返報性」というものがあります。

これは、人は好意を受けると好意を返したくなるという心理学的理論で、恋愛にも応用が可能と言われています。

笑顔で挨拶をする、というごくあたりまえの行為でも、相手に好きな気持ちを伝える小さなアピールを続けることが恋愛成就への近道だったりします。