成果につながるノウハウを蓄積する

モテる人はノウハウを知っている

モテる人の条件とは、なんだと思いますか?ビジュアルでしょうか、それとも学歴?あるいは…お金?確かに、ビジュアルが良い人というのは、それだけで注目を浴びることができますから、普通の人よりはモテやすいといえるかもしれません。

学歴が高かったり、お金持ちだったりといった条件も、ないよりはあったほうが有利でしょう。

しかし、実際に周りを見てみると、特にズバ抜けて何かが秀でているというわけでないのに、「なぜかモテる」という人がいると思います。これはなぜなのでしょうか。

実は、恋愛には成功させるためのノウハウがたくさんあります。なぜかモテる人というのは、このノウハウを知らず知らずのうちに身につけているのです。

 

恋愛学校でノウハウを学ぶ

では、このノウハウを知らないモテない男女は、恋愛を成功させることはできないのでしょうか?答えはノーです。

なぜならば、恋愛成就のためのノウハウは、経験を追うごとに蓄積されていくからです。

しかし、恋愛学校などのコミュニケーションスクールに通えば、経験を積み重ねるまでもなく恋愛成就のノウハウを学ぶことができます。

たとえば、メールの書き方について。意中の相手に送るメール(最近はLINEなどのほうが増えているかもしれませんね)は、つい緊張して堅苦しくなってしまったり、想いを伝えたいばかりに長ったらしくなってしまうという人もいるかもしれません。

しかし、堅苦しいメールも、長ったらしいメールも、恋愛には逆効果です。メールは、短く簡潔にするのがポイントです。

そして、相手からの返信を期待するのであれば、メールの中に必ず疑問文を入れるのがコツ。

たとえば、飲み会などで気になる彼女と別れたあとに「今日は楽しかったね。無事家に着いた?」など連絡すれば、彼女はあなたが自分のことを心配してくれているとわかりますし「無事着いたよ。また飲みに行こう」などと返信しやすくなります。

もし、疑問文のメールを送っても返信がこなければ、残念ながら彼女はあなたにあまり気がないのかもしれません。

それならそれで深追いはせず、一定の距離感を保ちながらチャンスを伺うようにします。